セントレジス大阪【子連れ宿泊記】

こんにちは、さこ(@Sakonoryokouki)です。
このブログでは宿泊記やお出かけスポット、家族旅行やツーリング記などを紹介しています。

今回は、セントレジス大阪に宿泊してきました。

大阪に住んでいる母親の誕生日祝いにこちらのホテルを利用しました。
バトラーサービスを利用することはなかったですが、朝食がおいしく、満足行くホテルステイでした。

目次

ホテル概要

人生で初めてのバレーサービスでした。
外資系のホテルという感じがしますね。
日系のホテルではあんまりないサービスではないでしょうか。

所在地大阪府大阪市中央区本町3丁目6−12
連絡先06-6258-3333
添い寝条件12歳まで
公式サイトLINK

チェックイン

建物に入るとエレベーターに乗って、チェックインロビーまで向かいます。
まあどこを見てもきれいです。

外国人の観光客の方々が多く、チェックインは少し待ちましたが、ふらふらと歩いていれば待ち時間も楽しいです。

庭園もあります。

客室-デラックス

廊下のこのライトが印象的でした。
集合体恐怖症の人は大丈夫なのか心配になります。

リビング・ベッドルーム

リッツとどちらに泊まるか悩みましたが、高階層だからという理由でこちらにしました。
ですので、やはり見晴らしはいいですね。

夜はこんな感じ。
同じマリオット系列のWが見えました。

ターンダウン後の母の部屋には、カードとタオルアートがあったそうです。

サブレはこちらのお部屋だけで、もう一部屋にはなかったそうで少し残念。

カーテンの開閉などのボタンがあるんですが、これが長男に大うけ。
長男の開け!閉じろ!の声に合わせてカーテンを開閉して、魔法使い気分を楽しんでました。

大阪と言えば大阪城。大阪城と言えば、豊臣秀吉です。
金のミニバーは大阪らしくていいですね。
外国人の方にも受けがいいんじゃないでしょうか。

中はこんな感じ。

冷蔵庫の中はこうなっています。
となりの引き出しにはワインも入っていました。

バスルーム

シンプルにきれいです。

バスアメニティはバイレード。
良い香りで、男性の私も好きな香りでした。

シンクが二つなのが嬉しいです。

アメニティ

アメニティに変わった点はありませんでした。

朝食ビュッフェ

朝食について紹介していきます。

営業時間7:00~10:00
料金大人:4,807円 小人2,450円

朝食会場は天井が高く、解放感がありました。
装飾品もきれいです。

平日に宿泊していたこともあり、待ち時間なく入れました。
お席は一番奥のテーブルで、子連れだからなんとなく端っこの方がありがたいです。

メニューはこのような感じ。
メインを選ぶタイプです。

ドリンクメニューはこんな感じ。

誕生日を伝えていたので、初めに小さなカップケーキをいただきました。

和朝食

妻が基本的に洋朝食を頼むので、私は和朝食を頼むことが多いです。
和朝食は、こじんまりと物足りなさを感じてしまうのはいつものことです。

ですが、一つ一つはもちろんおいしかったです。

洋朝食

妻は、エッグベネディクトのアスターを選択。
エッグベネディクトってなんでこんなにおしゃれなんですかね。
見た目が可愛い。

子ども用メニュー

パイナップルとグレープフルーツのジュースに

フルーツとヨーグルト。

ソーセージやオムレツの乗ったプレートもありましたが、すぐに食べてしまったので写真は撮れず。

その他ビュッフェメニューなど

セントレジスの刻印が良き
温玉・ミニうどん(和朝食風)
温玉・ミニうどん(和朝食風)
サラダやチーズ
和食も充実
ベーカリーはどれもおいしかったです

入り口付近にコーヒーマシンがあり、妻や母はコーヒーを持ち帰っていました。
よくあるサービスですが、コーヒーが苦手な私はいつもこの恩恵にはあずかれません。

まとめ

バトラーサービスの有名なホテルですが、今回はバトラーサービスは全く利用しませんでした。
シャツのアイロンかけくらいやってもらえばよかったかなとちょっと後悔です。

個人的にも満足しましたし、母的にもお部屋も朝食も満足してもらえたようなので、大満足の宿泊となりました。
また、子ども用の朝食メニューが充実しており、良いホテルステイとなりました。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次