【大量の宝石が見つかる!】奇石博物館ブログレビュー

こんにちは、さこ(@Sakonoryokouki)です。
このブログでは宿泊記やお出かけスポット、家族旅行やツーリング記などを紹介しています。

今回は、静岡県富士宮市にある奇石博物館に行ってきました。

今回のお目当ては『宝石探し』!
長男が宝石にはまっているため、少し足を延ばしていってきました。
結論からいうと、見つけられる宝石は小ぶりで、ゴツっとした宝石をたくさん見つけるのは難しいかもしれません。
ただ、小さな宝石を含めたくさんの宝石を見つけることはできます。

大きめの宝石をゲットしたい場合は、岐阜県にあるストーンミュージアムが近ければそちらの方がおすすめです。
下記記事を参照してください。

この記事では、『奇石博物館』の、宝石探しの様子や常設展示について紹介しています。

目次

博物館概要

所在地静岡県富士宮市山宮3670
連絡先0544-58-3830
開館時間9:00~16:30
博石館料金大人:700円
小中高生:300円
宝石探し体験小学生以上:600円
幼児:300円
公式サイトLINK
時期によって変動有

敷地は広くなく、展示自体もじっくり回っても1時間もあれば十分すぎるくらいです。
食事も宝石わくわく広場の前で、軽食を販売しているそうですが、不定期営業のようです。
私たちが訪れた際は、営業していなかったこともあり、長時間の滞在には向きません。

宝石探し-ストーンハンティング‐

宝石探し体験は、幼児のみの体験はできず、大人の付き添いが必要です。
子ども一人に大人一人なのかは、公式サイトには記載が見当たりませんでした。」

親一人で子供二人を連れていく場合、念のため確認しておくといいかもしれません。

こちらの宝石わくわく広場にて行われています。
この日はお客さんが少なかったのか、屋外水槽は使わず、室内水槽だけで営業していました。

冬場でしたが水は抜かれていなかったため、少々冷たかったです。

コップとスコップを借りて宝石を探します。
体験時間は管理されており、一斉に始まり、一斉に終わるといった感じでした。
ですので、開始まで10分ほど待つ必要がありました。

体験中は、子どもの世話にかかりきりで写真を撮れませんでしたが、これが大人と3歳の子どもの2人で30分間探した結果です。

ゴロゴロとした大きな宝石は少なく、かけらのような小さな宝石がほとんどでした。
ですが、数自体はたくさん見つかりました。
見つけた中で一番大きな宝石は、手前のピンクのものです。ロードクロサイトかな?

博物館

宝石探し体験だけの利用も可能ですが、せっかく来たので、こちらも回ってみました。

奇石というと石しかないのかとイメージしていましたが、表にはアンモナイト?の化石風の石柱がありました。
ですので、化石もあるのかなーなんて考えながら入ります。

中にはショップもあるようで、公式サイトによるとショップのみの利用もできるそうです。

ここからは、展示されている奇石たちを紹介します。

巨大なアメシスト
名前失念
オパール。きれい
マインクラフトに出てくる奇石
チョコのような奇石
漫画やアニメに登場する奇石
鬼滅の刃に登場する黒曜石

館内はそれほど大きくありませんが、きれいな石たちがたくさん展示されていました。

感心したのは、企画展示が多く、漫画やアニメ、マインクラフトに登場する石など、子どもたちの興味を引くような展示がたくさんされていました。
ほかにも、光る石やお菓子のような石などなど。

写真撮影が禁止されたエリアなので写真はありませんが、宮沢賢治にまつわるコーナーなんかもありました。
宮沢賢治さんが石に造詣が深かったとは知りませんでした。

宝石探しで見つかる宝石は小ぶり。。。

この記事では、『奇石博物館』の、宝石探しの様子や常設展示について紹介しました。

こちらの施設の宝石探しは、比較的小さめの宝石が多かったですが、たくさんの宝石をゲットできました!
ゴロゴロと大きめの宝石をイメージされている場合は、あまりおすすめできません。
うちの長男は、かけらのような小さな宝石でも楽しんでいたので、行ったかいがあったなという感じです。

また、宝石探し体験を何度もするというような場合を除いては、長時間の滞在には向きませんので、そのほかのお出かけスポットも用意しておくといいと思います。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次